大阪府ホーム > 大阪府電子調達(電子入札)システム > 《法人用》審査申請に必要な書類一覧

物品・委託役務関係競争入札参加資格の審査申請に必要な書類

ホームページ中、●印=PDF文書、■印=参照ホームページの閲覧ボタンです。

《法人用》審査申請に必要な書類一覧(新規申請用の提出書類)


   【提出先】 提出時に●「封筒貼り付けあて名用紙」をご利用ください。
   〒540−8570 大阪市中央区大手前2丁目 大阪府庁内
   総務部契約局総務委託物品課資格審査グループ(直通電話06−6944−6644)
     (※書類の提出は郵送・持参、どちらでも構いません。)
○必ず提出する書類
法人の必要書類名 形態 説明
必要書類の
照合・提出票
●「照合・提出票」ダウンロード [PDF][Excel]
様式 この照合・提出票で書類確認を行い、法人名称・ID(業者番号)・申請データの到達番号・連絡先担当者名・電話番号を記入のうえ書類提出時に添付してください。
法務局発行の商業・法人登記の
履歴(現在)事項全部証明書
写し可 注1) 発行後3カ月以内のもの
大阪府の府税事務所発行の
府税(全税目)の納税証明書

(「府税及びその附帯徴収金に未納の額のないこと」の証明)
●証明書の見本
●納税証明書交付請求書
■府税事務所所在地一覧
※府内10か所にあるどの府税事務所でも交付を受けることができますので、最寄りの府税事務所へ請求してください。
写し可 注1) 発行後3カ月以内のもの
注2) 証明内容をお間違えないように!
 ★証明請求用紙のチェック項目⇒ 使用目的=「入札」/徴収金の種類(税目)=「全税目」/請求事項=「府税及びその附帯徴収金に未納の額のないこと」/※年度の記入は必要ありません。
注) 大阪府内に事業所を有しない方=本店所在地管轄の都道府県税事務所が発行する納税証明書に代えます。 写し可 注1) 発行後3カ月以内のもの
注2) 全税目の証明様式がない場合「法人事業税・法人(都道府県)民税」の証明で可
本店管轄税務署発行の
消費税及び地方消費税の納税証明書(その3)(その3の2、その3の3も可)

●証明書の見本
●「納税証明書交付請求書」ダウンロード
■税務署の所在地一覧
写し可 注1) 発行後3カ月以内のもの
注2) 証明書様式その3(その3の2、その3の3も可)
注3) 電子納税証明書は不可
財務諸表のうち
貸借対照表・損益計算書
写し可 最近1カ年の決算期分(半年決算の場合は2期分)
注) 連結決算の場合は単体分が必要です。
△電子申請の内容によって提出する書類
法人の必要書類名 形態 説明
申請欄「総従業員数」が45.5人人以上で、そのうち常用労働者数が45.5人以上の事業者の場合
障害者雇用状況報告書(様式第6号)

(参考)「報告書」の様式
写し可 ※「障害者の雇用の推進等に関する法律」により、常用労働者数(除外率により除外すべき労働者数を控除した数)が45.5人以上(平成30年4月1日から、それまでの50人以上が45.5人以上に変更)の事業主は報告義務があります。
※毎年6月1日基準日で本店所在地管轄のハローワークに提出済で最新のもの
申請中、パソコン上で表記できない文字がある場合
外字届
■「外字届」ダウンロード
様式 商号・代表者名・所在地等で、いわゆる「当て字(外字)」を申請入力している場合に必要。
△下記に該当する申請種目の場合に提出する書類
法人の必要書類名 形態 説明
免許・許可・認可等の証明書

※業の許可・資格等が必要な申請種目
平成31・32・33年度分登録申請時:
[PDF][Excel]
平成30年度分登録申請時:
[PDF][Excel]
に該当する場合
写し可 営業、業務を行うにあたって必要な資格・免許等
注) 資格・免許取得者の人数申請のみ必要な種目もあります。

◎平成30年度分登録申請の場合のみ、
・委託役務種目コード006・076・084に申請時:「契約実績申告書」 [PDF](様式・記入例) / [Excel](様式)
・委託役務種目コード039・040・042・053に申請時:「設備機器保有状況申告書」[PDF](様式・記入例) / [Excel](様式)
をご提出ください。(平成31・32・33年度登録より提出は不要とします。)
注1) 個人事業者用はこちらをクリック⇒
注2) 必要書類は電子申請(インターネット)のあと、速やかに提出してください。
必要書類の提出がない場合、入札参加資格の審査が行えず受付(登録)できません。
注3) 必要書類は申請内容によって違うものがありますので、内容はよくご確認ください。
注4) 委託役務種目コード002「病院清掃」、126「医療器具等の減菌」、127「病院給食」、137「臨床検査」、148「基準寝具類(医療関連クリーニング)」を申請される方で、【医療関連サービス認定証書】をご提出頂けない方  
→【医療法施行規則に規定する基準に適合していること及び契約実績があることの申告書(様式有)】の提出が必要です。様式についてはこちらをご確認ください。 


   各種手続案内に戻る

▲ページの先頭へ